俺んちの太陽光発電所は儲かってんのか?

産業用・一般住宅用太陽光発電の無料見積りから価格比較・設置運用の実録体験生放送!買取終了まで書き続けるブログ!



再生エネルギー発電設備の認定をうけたのは約1年前。売電価格の推移は?

      2015/06/06

俺が太陽光発電の導入を考えはじめたのは約一年前の26年2月でした。

それまで、太陽光なんて考えもしていませんでした。

たまたま、友人と話をしているときに4月から「売電価格が下がる」ということを聞きました。

26年3月末までの価格ならまだ、うま味もあるが、それ以降は「儲からないよ」。

やるなら今が最後のチャンスと。

10KW未満(余剰買取10年間固定) 10KW以上(全量買取20年間固定)
平成22年度 48円
平成23年度 42円
平成24年度 42円 40円+税
平成25年度 38円 36円+税
平成26年度 37円 32円+税
平成27年度 35円(他)
33円(東・関・中電)
29円+税(4~6月)
27円+税(7月~)

で、太陽光発電の売電価格を10KW未満の場合と10KW以上の場合で表にまとめてみました。

買取価格もだんだん下がってきていますし、現在の認可には出力制御対応機器設置義務があったりと、いろいいろ条件が厳しくなってきています。

俺の太陽光は平成25年度分の10KW以上⇒36円+税(38.88円)の買取価格なんで、ぎりぎりセーフって感じです。

消費税が10%に上がれば価格も上昇するので、悲しいやら嬉しいやらです。

 - 売電価格と補助金 , ,






ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします!



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  

  関連記事

2020年から託送料金を発電業者に負担させるような改正が検討されてますが、再エネ発電業者は固定買取価格ですから、もし再エネに課金されたら事実上のFITの崩壊です。
【詐欺でしょ!】2020年~託送料金を発電業者負担で検討

俺です。 毎日、忙しいですね。 超久々の更新で、クラピアのことを書こうかと思って …

【固定価格買取制度】資源エネルギー庁からのメールがきました

本日、資源エネルギー庁からメールがきました。 なんでも、固定価格買取制度の見直し …